ブログ

ブログ

キミイロ流賃貸経営戦略思考

どもキミイロ企画です♪

すっかり毎日ポッカポカで、ただただ元気になれますね(^ω^)

3d4d44c8ffc8fe3032840e8bff3f9c5e_m

 

さて今日は、賃貸経営を行う上で、「キミイロ流の賃貸経営戦略思考」をお届けしたいと思います。。。

キミイロ流賃貸経営戦略思考の中で大事にしているSTEPは、1〜5まであります!

その流れを簡単に書いてみます。(詳細は、後日のブログで公開していきますね〜)

 

87baa1ce3256b404e9eabb98b0dfb404_s

STEP1「経営者としての自覚と責任」

家業を引き継ごうが、副業でやってようが、投資で考えてようが、賃貸業は立派な事業です。

しかし大きくポイントがあるとするならば、不動産賃貸業(家主業)=不動産業ではありません!

不動産賃貸業(家主業)はサービス業です!

一部屋でも所有されて人に貸すのであれば、立派なサービス業の経営者となります!

経営者は、いかに人に必要とされるものを世に提供して、そのサービスの対価を得る事に試行錯誤しないといけません。

「貸したってる」「貸してる」から → 「借りて頂いてる」へ意識を変化していく必要があります。

世の中には、すでに需要を大きく上回る賃貸住宅の数があります。

常に選ばれ続ける賃貸住宅へと変化させるには、様々なサービスをいかに効果的に発信・提供していくのか?がポイントです!

 

STEP2「理念経営」

個人事業主も含めて、事業にはかならず事業理念が必要です。

なんの為にこの事業を行うのか?の最上位です。最高の目的です。

注意すべき点は、世間体などを気にして、思っていない崇高な言葉尻だけのものを作らないようにしたいです。

人間の価値観は、常にブラッシュアップされていきます。価値観が変わらないと、想いのレベルは上がりません。

今の自分の心から本当に思う事をまずは理念として掲げ、常に自分を磨く事も忘れたくないですね。

 

STEP3「中長期のビジョンを掲げる」

自分自身や賃貸住宅のこれから向かう先が明確でないと、今何をすべきか?の判断基準はすべて行き当たりばったりになります。

どこにお金をかけるべきか?誰と付き合うべきか?どんな人を迎えるべきか?

すべては、中長期のビジョンの中で設定されます。

建物の数字的な要素だけでお話しをすると、「修繕計画」なども立派な中長期ビジョンの中に組み込まれてきますね。

 

STEP4「現状を分析する」

どこに向かうのか?が定まれば、そこに向かうためには、今どうなっているのか?がわからないと改善する事も見つかりません。

以前のブログでさわりの部分だけですが書いたような、入居率や年間の決算数字なども把握していきながら、現状の認識を進めて

いく必要があります。ここで初めて、ビジョンとのギャップが見えてきます。

 

STEP5「単年度の方針を設定する」

今年一年をどうしていくのか?具体的な行動計画とともに、年間の目標設定を行います。

具体的な行動の中でも詳細に策定できればできるほど、現実味をましていきますので、がんばりましょう!

 

14e2fb183c0cff7aeac52b967ed0f661_s

いかがでしょうか??

 

大中小問わず、立派に運営されてる企業の経営者は、上記の流れをこなしていっております。

そして、常に自分の価値観をブラッシュアップさせる為に、勉強や交流に勤しんでいるはずです。

 

賃貸経営をされてる方は、一般の方に比べると比較的余裕のある方も多く、更なるレベルアップよりかは、変化の多い業界において安定を求める傾向が強くあります。

 

世の中は、常に変化していっていますので、本当の安定は、時代に合わせて変化し続けていく事です。

 

毎年毎年の賃貸住宅の事業計画をしっかりと策定しながら、変化に対応し続けて、本当の安定した賃貸経営を進めていって下さい。

それが、キミイロ企画の家主様に向けた本意です。

ページ上部に戻る